スーパーHVパネル

 

先進のテクノロジーが創る
次世代の断熱パネル

 

冷凍・冷蔵倉庫の仕様決定において、もっとも重要な優れた断熱性能とともに、環境性能・経済性などの複合的な性能も大きなウエイトを占める時代となってきました。

弊社では、永年のパネル製造のノウハウを集結し、この『複合性能』に優れた『スーパーHVパネル』を開発いたしました。

スーパーHVパネルの特徴

不燃断熱パネル

平成25年、国土交通省『認定番号NM-3715』を取得しました。
※不燃認定厚みは、75mm~550mm(25mm刻み)まで幅広く対応しております。

芯材はノンフロン断熱材

スーパーHVパネルの芯材はフロンガスを一切含まないノンフロン断熱材ですので、地球環境への悪影響を最小限にした材料構成になっています。

優れた断熱性・機密性

ノンフロン断熱材の優れた熱伝導率に加え、目地部のスプラインジョイントおよびシーリングにより熱ロスを最小限に抑えます。
また、パネル表面は耐候性・意匠性に優れたガルバリウム鋼板を採用していますので、断熱性能の経年劣化がほとんどありません。

省エネ志向

昨今の電気料金の高騰は、冷凍冷蔵倉庫のランニングコストを考える上で非常に重要なポイントとなってきています。
スーパーHVパネルは、他のウレタン系パネルとは異なり厚いパネルの製造が可能ですので、熱損失の少ない省エネ型の冷凍冷蔵倉庫を構築することが可能となります。

トータルコストの低減

断熱パネルに要求されるさまざまな性能のどれか一つでもバランスを欠くと、施工段階ではイニシャルコストを低減できても、年々ランニングコストが増大していくなど結果として大きなマイナスとなってしまいます。
スーパーHVパネルは断熱性能・工期・メンテナンスなど、さまざまなポイントを考慮し、トータルコストの低減を可能とします。

スーパーHVパネルの標準製品仕様

名称 表面材 芯材 製品モジュール
スーパーHVパネル ガルバリウム鋼板(素地) 室内側:フェノールフォーム(50mm) 天井:W900 x L2700
室外側:押出法ポリスチレンフォーム 壁:割付寸法

スーパーHVパネルの断面図

スーパーHVパネルの諸物性

パネル厚み
(mm)
熱貫流率
(W/m2・K)
最適な使用温度域
(C)(※)
パネル重量
(kg/m2)
100 0.230   10.1
125 0.192 11.1
150 0.166 11.8
175 0.147 12.6
200 0.131 13.4
225 0.119 14.3
250 0.108 15.1
300 0.090 16.1
400 0.069 18.8
550 0.051 20.5

不燃認定番号

  • NM-3715

※赤表示は、結露が生じない最低温度を示します。(外気温35C、湿度85%)
※省エネ(緑表示)の熱貫流率は『日本冷凍空調学会規格(JRS-0001)』の推奨を示します。

Copyright (C) DEVERO. All Right reserved.