EPパネル

ノンフロン

芯材となるポリスチレンフォームには、一切のフロン及びPRTR法対象物質を発泡剤として使用しておりません。

また、ホルムアルデヒドも含まれておりません。

  硬質ウレタンパネル イソシアヌレートパネル EPパネル
ノンフロン対応 ◎  ×

優れた断熱性

芯材となる押出法ポリスチレンフォームは優れた断熱性と低吸水性であり、更に水を通さない金属面材でサンドイッチすることにより、断熱性能の低下がほとんどありません。

また、断熱材同士が直接結合していることでロスがありません。

壁パネル結合部分

断熱材結合図

作業工程・工期の短縮

簡易なジョイントを利用して組み立てます。

軽量で曲げ強度に優れた長尺パネルで設計が出来るため、現場での煩雑な作業・工数が省略化でき、工期の短縮が可能です。

天井-壁パネル結合部分

リサイクル

芯材は熱可塑性のポリスチレンフォームで出来ています。

ポリウレタンやフェノールフォーム等の熱硬化製樹脂と異なり、加熱すると元の樹脂に戻ります。

清潔で美しい仕上がり

カラー鋼板等により、清潔で美しい仕上がりとなっています。

EPパネル スペック表

芯材厚さ(mm) 50 75 100 125 150 175 200 225 250 300
  1層貼り 2層貼り 3層貼り(注1)
使用温度範囲 0℃
以上
-10℃
以上
-20℃
以上
-30℃
以上
-35℃以下(注2)
平均熱貫流率
(W/m2・K)
0.53 0.37 0.28 0.23 0.19 0.17 0.15 0.13 0.12 0.11
表面材 カラー鋼板・ガルバリウム鋼板・ステンレス鋼板
パネル重量
(kg/m2)(注3)
8.6 9.3 10.1 11.1 11.8 12.6 13.4 14.3 15.1 16.1
標準モジュール
(パネル幅/mm)
900
パネル最大長さ
(mm)
8,000
芯材 押出法ポリスチレンフォーム(JIS A 9511 B種3類)
目地材 樹脂製スプライン
目地部仕上げ シリコンコーキング

(注1)3層貼りでの使用に際しては、弊社担当へご相談ください。
(注2)-35℃以下でのご使用に際しては、弊社担当へご相談ください。
(注3)表面材にカラー鋼板を使用した場合の重量です。

性能比較

項目 単位 押出法ポリスチレンフォーム
(JIS A 9511 XPS-B-3b)
硬質ウレタンフォーム
(JIS A 9511 PUF-B-2.1)
試験法
熱伝導率 W/mk 0.028以下 0.023以下 JIS A 9511
圧縮強さ N/cm2 20以上 15以上 JIS A 9511
曲げ強さ N/cm2 25以上 15以上 JIS A 9511
吸水量 g/100cm2 0.01以下 3.0以下 JIS A 9511
透湿係数
(t=25mm)
ng/m2sPa 145以下 210以下 JIS A 9511
特徴   ●低吸水性、低透湿性
●高機械的強度
●低熱伝導率 -

Copyright (C) DEVERO. All Right reserved.